Event is FINISHED

[ストーリーナイト・番外編]この先の”未来を変えるデザイン”を考える

-未来を覗かナイト -
Description
着想から約1年以上の準備期間を経て、生み出された「未来を変えるデザイン展」というプロジェクト。展覧会はこれからの構想の種まきの段階だと、企画当初から想定していました。そして、展覧会が終了し、これからの未来を変えるデザイン展はどこに進んでいくのか?

未来を変えるデザイン展の企画から開催期間の動向を振り返り、
企画の裏話や苦労話、
未来を変えるデザイン展は実際どんなインパクトを与えたのか、
狙いは達成できたのか、
そしてこれからどんな仕掛けを行っていく予定なのか?

を本プロジェクトの種まきフェーズの総括としてお話しします。

また、ご来場のみなさまともざっくばらんに意見交換を行いたいと思います。
形式ばらないゆるやかなQ&Aと交流会も実施します。

19:00- :オープニング

19:10- :プレゼンテーション(町井)

経緯を振り返り、それをふまえ今回の「狙い」が達成されたかどうかを語る

19:35- ;ダイアログ(企画チーム4名)

これから、未来を変えるデザイン展はどこに向かう?

20:00- :Q&A

20:30- :交流会(アルコール、ソフトドリンクなど飲み物を準備しております)

21:00:終了

※内容は調整中のため、変更の可能性があります。
※近隣のお店にて、二次会も検討中です。(費用別)


登壇者 :

1968年生まれ。日本財団に入会後、阪神・淡路大震災発生直後から現地に入る。

災害ボランティア支援や「日本財団公益コミュニティサイト『CANPAN(カンパン)』」の企画・開発などを経て、現在、企業との連携による社会課題の解決に向けた事業づくりを担当。経産省 地域新成長産業創出促進事業審査委員、GRI G4委員会委員、その他、CSRと社会貢献などに関する講演なども行う。


冨士岡篤臣(NPO法人soket 共同代表)
NPO法人 soket共同代表 兼 事業開発ディレクター。キー局報道局、大学助手、中小企業の雇われ社長などさまざまな職を経て、2010年にsoketを設立。職場を越えた人の結びつきから社会に変革を与えることを目指して活動する。

工藤七子(日本財団 経営支援グループ)
日本財団経営支援グループ事業企画チーム所属。大学卒業後、大手商社を経てアメリカの大学院に進学。帰国後、2011年に日本財団に入団し、今回の企画展は企画チームの一員として関わる。

山本尚毅(株式会社Granma Co-founder,Catalyst)
中堅SIerを経て2009年にグランマを設立。企業と共に発展途上国の中間層から貧困層の生活を向上させるビジネスを組み立てる。世界を変えるデザイン展の企画運営に引き続き、今回の企画展に参加。


参考リンク:未来を変えるデザイン展開催秘話
http://doda.jp/contents/mirai/design/01_1.html

Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2013-06-03 23:11:59
More updates
Mon Jun 10, 2013
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
東京ミッドタウン・デザインハブ リエゾンセンター
Tickets
入場料(ドリンク付) ¥1,000
Venue Address
赤坂9-7-1 Japan
Organizer
日本財団 未来を変えるデザイン展(CSR企画推進チーム)
69 Followers